Uber Eats

Uber Eatsを1ヶ月やってわかったこと【体験談】

自転車

最近ニュースなどでUber Eatsって単語を見るけど実際どうなの?
先日エリア拡大されたばかりだし、自分の家がエリア内だから配達してみようかな〜、でも稼げるの?

そんな疑問を解決します。

こんな感じでUber Eatsを1ヶ月間やっていました。

その時の報酬などと共に稼げるのか?という疑問を解決していこうと思います。(報酬は時間、地域、プロモーションによって異なります)

【a】Uber Eats 配達パートナー募集
スポンサーリンク

Uber Eatsとは

Uber Eats(ウーバーイーツ)とは、ファーストフード店から行列のできるレストランまで、アプリやウェブサイトから簡単にお好きな料理を注文できる、最新のフードデリバリーサービスです。どこに居ても注文することが出来ます。

Uber Eatsの簡単な流れは
アプリをonにしオンラインする

乗車/配車リクエストの受付

お店に取りに行く

注文者にお届けする

こんな感じの流れで誰でも簡単にできるように工夫されています。
接客もほぼないです。

取りに行った時に『こんにちは、Uberです、番号は〇〇です』と言えばokなので普通に会話ができる方なら問題はありません。
お客様の所に行った時は、『お待たせしました、Uberです』と言って商品を渡せばOKなので難しいことは何もないと思います。

ゲームみたいで配達したくなる仕組み

クエストというものが不定期で発生します。
クエストというのは、◯◯回配達したら、〇〇円ボーナスとして入りますよというものです。(クエストが発生するかしないか、いくら発生するかは、時間、地域、プロモーションによって異なります)

それを見ているとあともう一回やるか!となるので配達に行かなきゃならない感が全くないです。新種のゲームをしている感覚で配達ができるので楽しく働けています。

ゲーム好きな人はハマっちゃうかもしれませんね。

あきよし
あきよし
アプリで今日配達した件数と稼いだ額が見れるようになっているので今日の成果が見えやすいのでどんどん配達したくなりますよ。

Uber Eats 配達パートナープログラムで一緒に配達しよう。

Uber Eatsは実際稼げるのか

一番気になるのは稼げるのか?ということではないでしょうか。

1ヶ月で色々な場所や色々な時間を経験してきました。
結論として、場所時間によりけりということです。
先ほど説明したボーナス的なもの(クエスト)も用意されているので割と稼ぎやすいかと思います。

1ヶ月やってみての僕の分析はこんな感じです。

平日の昼頃→学生の配達パートナーが少ないので比較的稼ぎやすい。

平日の夕方→学生の配達パートナーが多いので稼ぎにくい

休日の昼頃→注文が多いから稼ぎやすい

休日の夕方→注文が多いから稼ぎやすい

僕的なデータはこんな感じです。

場所によって異なると思うので参考までに。

学生なら、ちょっと早起きして授業のない日で昼間の稼働がいいかもしれません。
学生ではないのなら、昼の11:00くらいから13:00まででどれだけ稼げるかが勝負かもしれません。

僕がやっていた西東京では昼過ぎても結構注文が入って来ていました。 (専業の方、学生以外の方が少ない為に僕に配達が集中したのではないかと分析しております)

天気が悪い日はインセンティブが付くので稼げるのですが、自転車がマンホールで滑るので各自気をつけてということですね。
ちなみに、冬はライバルの配達員が寒くてあまり稼働しないかもなのでチャンスですね。

1ヶ月やった時の報酬は

報酬が銀行に振り込まれるのは、週に1回なのでその週働いた分が翌週に振り込まれるという仕組みです。

西東京らへん(三鷹、吉祥寺、調布)でゆるりと活動して、1週間、平均的に16000円ほど稼げました。(報酬は時間、地域、プロモーションによって異なります)

毎週1万6千円ほどお小遣いが入るということは、4週間あると考えると6万4千円ですからね。
そう考えるとかなりイイよなと思っています。

あきよし
あきよし
シフト提出無しで、好きな時間に働けるのでもうUber Eatsさまさまです。

\空き時間でさくっと副収入を稼いでみよう/
  Uber Eats 配達パートナープログラム

場数を踏みながら分析

場数を踏みながら分析すると、ここにいた方が鳴る(注文が入る)やこのお店の注文多いんだよな〜とか地図で◯◯通りを入っていくと早いよな〜とかがわかってきます。

僕的には、マクドナルドは最強です。
店舗数が多いので長距離な配達があまりないので効率よく配達ができます。

あきよし
あきよし

店舗数が少ないお店だと平気で1、2駅次の駅とかありますからね。自転車で2駅は辛い。。。。

様々な働き方ができるのが魅力的

場所や時間によるのですが、平日の昼間は結構穴場だと個人的に思っているので学校がない学生やフリーランスの方にもオススメです。

めんどくさいシフト提出もないですし、お腹空いたらご飯食べて休憩してもいいですし、お子さんがいてシフト提出なんかできないよという方にもオススメです。
彼女からのラインも返したり、友達とのLINEの続きをすることもできます。

気をつけなければならない事

わかり辛い場所にあるお家や地図で表示がされないお家などの配達にも行きましたが、大体の方がアプリの住所が表示される所に補足説明が書いてあるので特に困ったことはありませんでした。

困った時は、Uberのサポートセンターに電話をかけると対応してくれます。
その説明も登録会の時に言われるので心配はありません。

僕は、飲食を12年やっているのでこぼさないようにや飲み物の扱いに慣れているので商品をこぼしてしまうということはなかったですが、こぼしてしまった時もサポートセンターへ連絡すると然るべき対応をしてくれるみたいです。

交通事故

これはやっていて思ったのですが、路駐してる車が発進する時に自転車の存在に気づいていない時が結構あるので気をつけなければならないと思いました。
具体的には、まず焦らない。お客様のところへ早く届けたいのはわかりますが、路駐している車の発進を待ちましょう。

また、自分の存在がアピールできるくらいのライトをつけたり、反射するものを自転車やカバン、着ているものの上に貼ったりと工夫できるところは工夫した方がいいなと思いました。

結論として稼げるのかというと、場所、時間によりけりということですね。
自分なりの作戦やここの地域が稼げるなどやっていくと分かってくるので、どんどん配達をしていきましょう。

エリア拡大が11/1〜あったので自分の家は範囲外だ〜と諦めていた方にもチャンスですね。
Uber Eats 配達パートナープログラムで一緒に楽しく配達していきましょう!

空き時間を有効活用して副収入ゲットしてみる→→→Uber Eats 配達パートナープログラムに登録してみよう!!

【a】Uber Eats 宅配ドライバープログラム
スポンサーリンク
スポンサーリンク