YOUTUBE

僕が動画編集を始めた時に買った書籍3点を紹介します

図書館

アンニョン、あきよし(@b1a4akiyoshiftm)です。

僕は、細々と映像制作をしていまして、動画制作をする時に参考にしている書籍を紹介しようと思います。

本を買った僕からすると動画編集をしつつ、本を開きつつ、ググりつつみたいなのがオススメです。

ググる時にオススメなサイトが、僕の友達のたいぺーさんが運営しているADOBE神と本とを行き来するのが良いかなと最近思っています。

めちゃくちゃ分かりやすいのでぜひ参考にしてみてください!

スポンサーリンク

基本から教えてくれる本

この本は何も分からない初心者にめちゃくちゃオススメです。
基本中の基本から説明されています。

これさえあれば、ちょっと扱いが難しいプレミアプロの基本操作がわかると思います。

シーケンスとはどこのことなのか、テロップの入れ方など基本的な事を一から順序立てて説明してくれています。
ちょっと分厚いのが持ち運びが不便ですが、めちゃくちゃ重宝しています。

今も僕のスーツケースに入っていて、ボロボロになるまで読み込んであるやつです。

写真がわかる本

映像は写真が連続してあるものです。
写真を制するものは映像を制すると思います。

これは構図からこういう写真を撮るにはこうしたら撮れるよというのを詳しく説明してくれています。

よく一緒に撮影しに行く友達の努くんからこれ良いよと言われて秒で買った本です。

写真の初心者にオススメです。
こういう技術書って何書いてあるか分からないんだよなと思うでしょ。
この本は、写真や絵を使って初心者の人でもわかりやすく噛み砕いて書いてあるので絶対読むべしと思うくらいオススメです。

被写体との距離から、ボケ感の作り方、こういう写真を撮るにはF値をこれにすると撮れるという細かいことまでこれを見れば分かります。
全く写真がわからない人からもっと写真の腕をあげたい人にまで全員におすすめしたいくらいの本です。

日光に動画合宿に行った時に、行き帰りの電車でも読んでいたし、努くんと動画を撮っていて、帰ってあれで確認してみようかとか教科書みたいに使っています。

これをマスターしたら映像のクオリティーも上がるし、写真のクオリティーも上がるし、インスタ映えな写真も簡単に撮れるようになるかも!!

あきよし
あきよし
写真って難しそう、そんなことを思っているあなたにオススメです。

お金に余裕がある人へ

少しお金に余裕がある人にオススメな本です。
そして、中級者向けかなという風に思いました。

基本的な操作を教えてくれる本というよりはもっと映像表現を高めたいという人にオススメな本です。

手書き風タイトルの作り方だったり映像中級者が自分の映像にひねりを加えたい人にオススメな本です。
初心者は、上記の2つを読み込んだ方がいいなというのが買った僕の感想です。
最初の方は何を買いてあるか、なんでその表現が必要か全くもってわからなかったので。

今は、中級者くらいになってきた今は重宝しています。

まとめ

いかがだったでしょうか。

カメラとかって高いので無駄な買い物をしなくていいように自分の反省を含めてこの記事を書きました。
初心者の時って右も左もわからないのでこれとこれを買えばいいというサイトが欲しかったんですよね。

そんな過去の自分に向けてこの記事を書きました。

あきよし
あきよし
映像初心者の人が色々な表現ができますように!!
スポンサーリンク
スポンサーリンク