KOREA

韓国旅行でユッケだったら広蔵市場へ【ユッケチャメッチ】

ユッケ

韓国旅行でご飯を調べるとユッケが出てくるけどどうやっていくんだろう?
どこに行けば食べれるんだろう?

そんな疑問を解決します。

この記事の信頼性を書いておきます。

・1年に10回以上渡韓する人
・韓国が好きになって9年目
・kpopオタク

結論からして、ユッケチャメッチと言うお店に行っておけば、OKです。
行き方など説明していきます。

スポンサーリンク

行き方

一番の最寄りは、チョンノオーガ駅ですね。
8番出口から歩いて3分です。

明洞からいく場合は、チュンムロ駅から2駅のチョンのサムガ駅まで行って歩くのがいいかなと思います。
あとは、東大門からでも歩ける許容範囲です。

僕はいつも東大門の駅から歩いていきます。
韓国の地下鉄は、乗り換えがめちゃくちゃ歩くのでめんどくさいので、雨の日以外は歩く方がオススメです。
一駅間が近いので1、2駅なら歩ける距離です。

GoogleMapを貼っておきます。

この市場は、ユッケ、キンパ、ピンデトッの3つが有名です。

この中で、特に日本人が食べたいのは、ユッケじゃないかなと思います。
ある事件がきっかけで日本ではあまりユッケが食べられなくなっているので、韓国で食べたい人は多いのではないかと思います。

この市場では、ユッケ通りと言うところがあり、ユッケのお店しか並んでいない小道があります。
そこに行けばユッケ自体は食べれますが、結構お店によって臭みがある、なしとかあるので、吟味が必要ですね。

初心者にオススメユッケ

初心者はとりあえず、『ユッケチャメッチ』と言うお店に行っておけば間違いなしです。
ここは、お肉の臭みもないですし、メニューも写真付きで壁に貼ってあるので、誰でも簡単に注文できます。

ユッケ

ここでは、ユッケが一人前15000won(1500円程度)でこんな大きなユッケが食べられちゃいます。

ユッケ

ユッケの下には、梨の千切りが置いてあります。これまた、合うんですよ。

ユッケには、ごま油と塩が一緒になったタレをつけれて食べると激ウマなんです。
タレが少なくなったらおかわりを頼めますよ。

ひきで撮ったらこんな感じです。

ユッケ

一緒にくるサービスのスープがこれまた美味しいんですよね。

海外で生肉怖いなと思う方は多いかもしれませんが、10回くらいここに来ていますが、一回もお腹を壊したことがないです。(全員に当てはまるわけではないですが、一応)

韓国の昔ながらの市場

市場なので、昔ながらのお店やおじちゃんおばちゃんが働いているキムチ屋さんや生地屋さんがあるので韓国っぽさが感じられると思います。
ちょっとインスタ映えする写真が撮れるかもですよ。

あきよし
あきよし
日曜日は市場自体はやっていますが、ユッケチャメッチがお休みなので注意してくださいね
スポンサーリンク
スポンサーリンク