LGBT

自分の過去の写真を見て性同一性障害は先天的なのか考えてみた【実体験】

子供達

性同一性障害は先天的なのだろうか?
親の子育てなどの後天的なのだろうか?

引越しの準備をしていた時に自分の幼い時の写真などが出てきたので、そんな疑問を解決していこうと思います。

この記事の信頼性を書いておきます。

僕自身が性同一性障害(トランスジェンダー、FTM、女→男)、19才の時に性別適合手術済。

結論からして先天的だと言われています。
さて、色々と見ていきましょう。

スポンサーリンク

一番有力なのは

一番有力だと言われているのは、ホルモンシャワー説です。
難しい話を簡単にまとめると浴びるべき時に、正しいホルモンを浴びれなかったので頭と体の性別が違う人が生まれてきちゃうと言う説です。

まだ人間らしい個体になってない時の話ですね。
受精後に男でも女でもない状態の時を経て性分化が起こります。

染色体がXXかXYかによって体が男性になるか、体が女性になるかが決まってくるんです。
その時に浴びるべきホルモンを浴びれない状態があると性同一性障害になると言われています。

これも一番有力と言われているだけで、絶対これが原因と言う感じではない模様です。

この原因を突き止めたとしても誰も幸せにはならない研究だから研究する人があまりいないんだよと昔、先輩に言われたことがあります。
(本当かどうか分からないけど、確かに何年経っても研究されている気がしない。。)

あきよし
あきよし
確かに、何かで抑止できるわけじゃない。
神様がいるとは思わないけど、この状況を日本語化するなら『神様のイタズラ』だと思います。

僕の写真で

僕の写真を見てみればわかるんですが、女の子と写っている時は不機嫌そうな顔で写っているんですよね。
そして、男の子と写っている時はそんな不機嫌そうじゃないんですよね。

【女子と一緒に写っているあきよしの写真】

少年たち

【男子と一緒に写っているあきよしの写真】

少年たち

たまたまだろうと言いたくなる人もいるかもですが、こんな写真が結構見つかったんですよね。
この写真は小学生の時の写真なのですが、この時から日々の生活の中で自覚があったんでしょうね。

もう一つ、幼稚園の先生が書いてくれた卒園おめでとうのやつです。

紙

僕は両親が離婚しているために年長さんで引っ越してこの幼稚園に入ってきたのですが、生活班を決める時に男の子だけの『ドンキーコンググループ』へ入ると言ったらしいんですよ。
それに幼稚園の先生達はびっくりしたみたいです。
もう25年前くらいの話ですので、先生達もまず概念がない。女の子は女らしくみたいな時代の教育ですからね。

あきよし
あきよし
この写真や先生が書いてくれたものを見るとやはり先天的なのかなと思いましたね。写真の表情が、、笑

当事者を見ていると

色々な当事者を見ていると後天的な人も居なくはないです。
ほとんどは、勘違いだと思っていますが。

ビアン(女性として女性が好き)とトランスジェンダー(自分は男だと感じる)が混同している人がほとんどだなと思います。

彼女が出来たから、『俺は男だ!』となる人が多いですね。
同性婚が認められてない日本なので、そう言う風になるのも分からなくはないですが。

トランスジェンダーで最後の手術までしている僕からするといや勘違いでしょと思ったりはします。
彼女が出来ても、彼氏が出来ても、それによって自分の性別は変わらないのです。

なぜ変わらないかと言うと、誰を好きになるか(性的嗜好)と自分が誰なのか(アイデンティティ)が全くの別物だからです。

しかし、どう生きるかって自由なので、個人がいいように生きちゃえばいいとは思います。
ただ、元女子とか売名行為はやめて頂きたい。

女子の中でいると髪が短いだけで『かっこいい』と言われちゃうので勘違いしている人も多いですね。
『かっこいい』と言うのは褒め言葉なので、勘違いしてしまうのもわかりますが。

個人的には、後天的な人は、きちんと診断を受けた方がいいと思います。
手術をしてからの後悔では遅いので。

手術をしてから後悔をする人も居なくはないです。過去に出会ったことがあります。

昔出会った先輩で手術をしたが、やっぱり違ったと言う人もいました。
その方は、僕より2、3こ年上な方でタイで性別適合手術を受けた方でした。

手術をするまでは自分が性同一性障害だと思い、男性ホルモンをうち、胸と内性器を取りました。
ある時、彼氏ができて自分は女子だと気付いたそうです。

そこから、女性ホルモンを打ち、女性っぽい化粧をすると言うことになったらしいです。
しかし、ホルモンで男性化した声は戻りませんし、男性化した顔も戻りません。

そんな方もいるので、自分自身のアイデンティティ(自分が自分であると言うこと)に自身がない方、元々持病(精神疾患)がある人はきちんとした段階を踏んでから手術をするべきだと思っています。

僕はと言うと、きちんとした段階を踏んで戸籍などを変えていませんが(ガイドラインにそっていない)、彼氏ができたとしても自分のアイデンティティ(自分が男性だと言うこと)に揺らぎは出ないと思っています。
彼氏が出来たとしたら、男性として男性が好きって感じなのでゲイってことになりますね。

なぜかの根拠はないです。自分でも分からないのです。
でも、自分が女性ではないと思うんです。

性同一性障害(現在は性別違和と言います)は、自分がそうだと思ってしまったらそうと言うか、ちょっと難しいので、迷っている方はきちんと病院に通うことをオススメします。

結論は、全員が先天的とは言えないが、先天的な人が多く、後天的な人は、きちんと診断してもらいましょう。
男とか女とか性別で分けられちゃうことが多い日本。
本来見るべきは、性別ではなくて、『個』ですよね。
どんな人なのか、何をしたいのか、何が得意なのか。
もっともっと『個』に注目する世界になって欲しいなぁと思います。

あわせて読みたい
女子から男子へ
性別適合手術をするだけで人生ハッピーだと思っていた僕の話僕(@b1a4akiyoshiftm)は、生まれた時は女の子でした。 でも、『ブラは嫌』『女の子らしくも嫌』『振り袖も...
スポンサーリンク
スポンサーリンク